黒部名水マラソンは初めてづくし

アルプスあづみのセンチュリーライド(AACR)の160Kmから1週間。

今度は地元のイベント「黒部名水マラソン」に参加してきました。

 

ランの大会に参加し始めて数年が経つのですが、毎年この時期は自転車のイベント「グランフォンド富山」に参加していました。

なので今まで参加出来ずだったんですが、さすがにグランフォンド富山も毎年参加していると飽きというか、なんとなく気持ちが入らなくなったので、それなら地元で走れるフルマラソンに出てみるかな、と言った思いで初参加となりました。

 

ちなみにフルマラソンは去年の富山マラソン以来の2回目。

完走する為の練習量とかは、だいたい把握したつもりでした。

 

とりあえず結果だけを言うと…

 

31Kmの関門でタイムアウトげっそり (顔)

初のDNFと言うコトで回収されてバス移動を初体験しました。

 

AACR2016で160Km走った翌週という事で疲労は残っていないか心配。

で、アップを行ってみると、見事に身体が重い感じがするたらーっ (汗)

スタートし走り出してからは徐々に重さは消えていったんだけどAACRで感じた呼吸が苦しい感じが出てきた。

自転車とランの違いはあるけど、やっぱり2週連続ってのは無理があったのか??

 

とはいえ20Km付近までは順調だった。

 

折り返しの「宇奈月ビール館」の救護所でエアーサロンパスをたっぷりと脚全体に吹き付けたのが大失敗だったのかもしれない。

 

大量に吹き付けたせいで冷たいなんてもんじゃないげっそり (顔)

脚が凍るような冷たさ。

まだ走れてはいるのだけど冷たさが気になって気になって…

次のエイドでもらった給水用の水で脚を洗ったけど既に手遅れexclamation and question

 

脚が動かないし痛い。

 

歩いたり走ったりの繰り返しになってきた。

が、だんだん歩く割合が多くなって、しまいには走れなくなった。

 

28Km地点の第4関門は辛うじて通過したのだが、もう走れない。

DNFするか??

と、思ったのだが自らDNFするのも悔しいし。

 

行けるトコロまで行こう。

 

次の関門は31Km地点。

時間的に通過は無理なのはわかっているけど歩いて向かう。

が、関門1Km手前で最後尾の車に追いつかれて黒部名水マラソンは終了。

 

初めて回収車に乗り会場まで戻りました。

 

 

さて、ここからは言い訳タイムだな冷や汗 (顔)

なぜDNFと言う結果になったのか反省の意味も含めて考えてみよう。

 

最大の原因は練習不足だろうなぁ

富山マラソンの時はとにかく走ったdouble exclamation

まわりからのアドバイスは共通してて1ヶ月150Km走れだって。

なので当時はそれを目標として頑張ったんだけど、結局は時間がなかなか作れずに1ヶ月100Kmくらいしか走れなった。

 

で、今回の練習で走った1ヶ月の距離は100Kmを大幅に下回る距離。

ガーミンコネクトで履歴を確認すると、売れない芸人のスケジュール並みに真っ白だしたらーっ (汗)

ただ真っ白なのは3月~5月の3ヶ月間で、それ以前はトレッドミルではあるけど月100Kmペースで走れている。

富山マラソンでフル走った後もトレッドミルではあるけど、そこそこ走ってたのにこんなに急激に走力が落ちるものなのか??

 

シビアだなぁげっそり (顔)

 

しかし言い訳ならまだまだあるぞexclamation and question

今回の回収地点31Kmって脚の色んな箇所が痛かったのが原因なのだが、実はこの痛みって富山マラソン1週間前にペースをシュミレートする為に走った時と全く同じ痛みと距離。

 

このペースが問題なのかもしれない。

普段の練習では遅くても1Kmを6分のペースで走っている。

当然レースの時はこれ以上のペースで走る訳なのだが、富山マラソンのシュミレート時も今回の黒部名水マラソンの時も完走の設定タイムを6時間としたものだから1Kmを7分とかの遅いペースで走ってしまってた。

 

あくまで予想だけど普段とは全く違うペースで走ったのでフォームが崩れていつも負荷のかからない箇所へ負荷が掛かったので痛くて走れなくなったのかもしれない。

 

ちなみに富山マラソンの時は1週間前の練習で30Kmしか走れなかったので本番は開き直って行けるトコロまでマイペースで行くって作戦で行ったら一度も歩くコト無く初マラソンで4時間45分で走れました。

 

「もし」は無いんだけど、今回の黒部名水マラソンも「もし」マイペースで走っていたらもう少し先の景色が見れたのかもしれない。

 

ま、全ては言い訳ですね。

 

しかし、回収直後には「もう絶対にフルマラソンなんて走らない」って思っていたんだけど、回収された後に戻った会場でゴール地点を見た時に、なんとも言えない気持ちになった。

 

いつも当たり前の様にゴールして貰えるハズの完走証を貰うコトが出来ない。

その場所は柵があって完走出来なかった自分は入るコトすら出来ない。

仲間がゴールして嬉しそうにメダルを貰っている。

 

そんな光景を見ていると情けないと言うか悲しいと言うか…

自分の努力が足りなかった結果なんだけど、上手く言えないけど達成感や感動って言うのは努力の上にある結果だからなんだろうなぁ

自分には努力が足りなかっただけ。

正直、わかり易くていいよ。

 

今日で黒部名水マラソンから2日が経っているんだけど今の気持ちは、とにかくリベンジしないと気がすまないdouble exclamation

回収直前の気持ちなんか完全に消えている。

すぐにでもリベンジしたいのだがマラソンはOFFシーズンなので秋まであおずけ。

 

今年の夏場は走りこんで絶対にリベンジしてやるdouble exclamation