病院へ行く前に!?その2

前回、体重が落ちない理由を代謝異常と疑う前に行うコトを考える。

 

まずは食事制限。

と、トレーニングメニューを再度考えてみよう。

 

インボディー測定の結果、脂肪が多くて筋肉量が少ない。

いや、年間を通して体は動かしている。

仮に摂取カロリーの方が上回っているにしても何故こんな結果が出るんだろうか…??

スポーツジムの指導員の方からこんな一言が

「自転車の様に長時間の運動は脂肪と一緒に筋肉も消費しているのでは?」

え??そんなコトあるのかと思ってインターネットで調べると…

詳しいコトは省きますが筋肉も一緒に消費しているみたいです。

要するに、長時間の運動中に脂肪を燃やす燃焼炉となるハズの筋肉も一緒に消費し減少しているのでインボディーの様な結果が出ていると考えられます。

 

そこで、冬場に行うトレーニングを2点に絞ってみます。

1.脂肪が多いので脂肪燃焼を目的とした有酸素運動(LSD)を行う。

2.減少した筋肉量を増やし脂肪の燃焼効率を上げる為に筋肉増強を目的とした筋トレを行う。

 

インボディー測定の結果、この冬に取り組む課題がかなり明確になりました。

 

あとは、実行するのみです冷や汗 (顔)