• カテゴリー別アーカイブ 自転車
  • ツール・ド・東北2013

    いよいよ「ツール・ド・東北2013」当日。

    3:30に起床したんだけど…実は全然寝れなかったみたい冷や汗2 (顔)

    1時間くらい、ウトウトした程度で160km走れるのか?

    かなり心配なんだけど、まぁなるようになるでしょう。

     

    軽く朝食を済ませてホテルをチェックアウト。

    まだ真っ暗の中、会場近くの駐車場に着くと、既にたくさんの車が。

    しかし、寒いがく〜 (落胆した顔)

    車の外気温計は8℃だが日中は20℃近くまで上がるらしい。

    ウェアをどうしようか悩む。

    今回の為に用意した5℃対応だと朝はいいが昼は暑いだろう。

    昼の気温に合わせると、朝寒いよなぁ…

    悩んだ上の選択は日中は気温が上がるコトを想定し秋用の軽装で走ります。

     

    スタート地点の石巻専修大学まで自走するも、やっぱり寒い。

    が、なんとか我慢できるか、と思ったら…

    結構、風が強いdouble exclamation

     

    この後、スタート前にラジオ体操があったので、とにかく体を温めたかったので迷わず参加冷や汗 (顔)

     

    やっぱり寒いです。

     

    そろそろ集合時間が迫ってたのでスタート地点に移動。

    自分は抽選で当選していたので「ファスト・スタートパス」が付いているのでスタート位置が優先的に前になるらしい。

    スタートゲート近くに陣取るコトが出来ました。

     

    この後、オープニングセレモニーでは東日本大震災にて亡くなられた方々に対し全員で黙祷。

    しかし黙祷に際し、司会の方もヘルメットを脱いでと指示を出しても良いと思ったのだが、無かった。

    ちょっと残念です。

     

    後は注意事項などの説明を受けて、いよいよ6:30に石巻専修大学をスタートです。

    スタートはスムーズで直ぐ1列になり走行するコトに。

     

    いきなり最初の赤信号で止まれなかった参加者が路肩の花壇にダイブ。

    う~ん…信号見ていなかったのか、集団走行に慣れていないのか?

     

    最初の30分が体を温めるのが目的だったんだけど、全然温まらないたらーっ (汗)

    寒くて汗もかかないのでハートレイトのセンサーが乾いたのか信号を受信しなくなった。

     

    初の上りでようやく体が温まってきたのかハートレイトも脚も動き出してきた。

    霧が発生しているのか朝靄の中、仮設住宅の横を走行し7:20に18.5Km地点の第1エイドステーション「女川地域医療センター前」に到着。

     

    ここで目にした光景は、まさに震災当時そのままの津波の爪あと。

    結構、ショックな光景でした。

    メディアの報道で知っている被災地の現状と実際に自分の目で見る情況のギャップ。

    この日はそういった光景を何度も見るコトとなりました。

     

    第1エイドステーションでは「秋刀魚のつみれ汁」が振舞われています。

    秋刀魚が大好きな自分も頂きたかったのですが、つみれ(練り物)が駄目なんですもうやだ〜 (悲しい顔)

     

    この辺りで体もだいぶ、温まってきたのでグローブを指先の無いタイプへ交換し出発。

    が、ちょっと早過ぎたか?下りでスピードが出ている時は寒いです。

     

    リアス式海岸はとっても景色が綺麗うれしい顔

     

    ここからは本大会のコース特徴であるアップダウンを繰り返しながら走行。

    国道398号線「ブルーライン」を北上し8:20に38.5Km地点の第2エイドステーション「雄勝硯伝統産業会館前」に到着。

    エイドの名称になっている雄勝硯伝統産業会館は津波で被害にあったらしく現在は何もありませんでした。

    Googleストリートビューで確認すると震災直後の写真で、この会館の屋上に津波で流されたバスが乗っています。

     

    さて第2エイドステーションでは焼きホタテが振舞われていました。

    なんか特製のソースで焼き上げるらしく、とっても香ばしい良い匂いがする。

    これは是非食べないとわーい (嬉しい顔)

    美味しいですdouble exclamation

    自転車じゃなかったら熱燗欲しくなるよとっくり (おちょこ付き)

    代わりにCCレモンを頂いて補給は完了。

     

    第2エイドステーションを出発後、コースの最高点である釜谷峠が勾配が厳く、その後にあるトンネル内の道路状態が悪いとの理由でグループで走行。

    意外にも事前に聞いてたより道は悪くないと思いつつ釜谷峠を超え北上川で右折し左岸へ。

    ここから約5Kmはフラットな区間で追い風状態double exclamation

    路面状態はそんなに良くは無いが日差しも出てきて快適な走行。

     

    しばらくすると、またアップダウンを繰り返し9:40に60Km地点の第3エイドステーション「神割崎キャンプ場」に到着。

    ここから先のエイドでは制限時間は設けられているのだけど…

    第3エイドは11:30なので全然問題無し。

     

    ここで頂けるのが「タブの木ドック」

    鮭、ホタテ、たこを挟んだ海鮮ホットドック。

    美味しいでするんるん (音符) 今度はビールが飲みたくなってきた冷や汗 (顔)

    ちなみにメディオフォンド(100Km)ではここで昼食らしく他のメニューが食べれるらしい。

    案内に書いてあった「牡蠣そば」が美味しそうで気になるけど自分は食べられないので先に進みます。

     

    国道398号線と45号線が交差する地点の信号待ちで地元ボランティアの方と少し話しをしたんだけど、この場所も津波に襲われたとのコト。

    ちょうど小高い山があったのだけど下部15mくらい現在も樹木が生えていない。

    この位置まで津波が届いたとの話を聞いて「ありえない高さ」だと感じました。

    この先の75Km地点で大きな建築物があったが3階だと思われる高さまでガラスが割れていました。

    多分、そこまで津波が来た証拠なのでしょう。

     

    そんな事があったにもかかわらず、沿道の方々からは暖かい声援をたくさん頂きました。

    160kmどこを走っていても色々な方々から声援を頂ける。

    地元の住民の方々、車やバイクですれ違う人、復興作業に携われている現場の人。

    ガソリンスタンドの男性は通過する参加者とハイタッチして盛り上げてくれたり。

    仮設住宅の前では子供からお年寄りまで、皆さんが手を振って応援してくれる。

    途中、走行しながら色々な想いが交錯し何度涙が出そうになったコトか…

     

    色んなコトを思いながら走行していましたが、そろそろお腹が減ってきた。

    エイドステーションで結構食べているハズなんだけど冷や汗 (顔)

    確か次のエイドで昼食のハズ。

    しかも事前の案内ではカレーと牡蠣汁が出るって書いてあったから凄く楽しみうれしい顔

     

    そして10:50に86.7Km地点の第4エイドステーション「伊里前幸福商店街」に到着。

    制限時間は13:00なのでココも問題無し。

     

    ちょっと風が出てきたが気温も上がって天気は最高晴れ

    全国から届いた、たくさんの応援フラッグが青空の下で綺麗に見えます。

     

    待望の昼食ですわーい (嬉しい顔)

    この牡蠣汁がとっても美味しいdouble exclamation

    カレーも海鮮ってコトなのでホタテ、イカ、タコ、牡蠣とヘルシーにボリューム満点。

    ちなみに上の乗っているフライですがメカジキらしいのだが、自分はチキンだと勘違いして食べてました。

    相変わらず、味音痴だなぁ…たらーっ (汗)

     

    昼食食べながら向かいの方と話しをしましたが福岡県からの参加とのコト。

    自分も結構、遠方からの参加だと思っていたけど距離的には2倍以上遠い。

    参加者の8割は県外って聞いていたけど、皆さん色んな場所から参加されているんですね。

     

    お腹もいっぱいになったし少し長めの休憩をとり出発exclamation

     

    第4エイドから暫く走行すると折り返し地点へ。

    この後は第5エイド付近までは来た道を引き返す復路となります。

     

    途中110.0Km地点にエイドでは無いけど休憩スポットが設置されていたので休憩。

    ここで振舞っていたのが「フカヒレスープ」

    お腹はいっぱいだったけど、フカヒレって言葉に引かれて頂きましたが、凄く美味しかったですうれしい顔

    今回、エイドステーションで振舞われた食べ物って全部美味しかった。

    やっぱり東北って美味しい食べ物がたくさんあるんですね。

    今度は夏に訪れて、是非ともホヤを食べてみたいって思いました。

     

    カレーと牡蠣汁とフカヒレスープで胃がタプタプな感じですが、どんどん進みます。

    さすがに延々とアップダウンの繰り返しだと肉体的にも精神的にも疲労が…

     

    今回のツール・ド・東北2013のコース特徴として、大きな峠がある訳では無いんだけど20Km地点付近から140Km地点付近までの約120Kmは5%くらいの傾斜を約2Km上っては下るを繰り返す。

    フラットな部分が少ないので集団走行で体力を温存する事があまり出来なかった。

     

    そんなコースに心が折れそうになりながらも14:00に135.1Km地点の第5エイドステーション「にっこりサンパーク入口」に到着。

    ここが最終エイドステーションで、制限時間が15:30。

    到着が14:00なんだけど、なんだか夕暮れ感があるexclamation and question

     

    ここでは「十三浜茶碗蒸し」が振舞われていましたが…

    お腹いっぱいでもう食べられませんふらふら

    茶碗蒸し大好きなのに…残念です。

     

    しかし、この横を見るとスポーツイベントでは見慣れない物体がexclamation and question

    ノンアルコールとはいえビールですビール

    これは別腹でしょ冷や汗 (顔)

     

    ここまで来たら制限時間にも余裕あるしのんびり長めの休憩。

    結局、雨の心配は全くなくこの時期にしてはポカポカと暖かい日になりました。

    脚を伸ばしてシューズのベルトも緩めて気休め程度に(?)体力を回復させます。

     

    残りはゴールまでの23.4Kmです。

    後から解かったのだけど、もう上りはありません。

    北上川沿いのフラットな道路を走行しゴールを目指します。

    途中、35Km/h巡航している列車に乗ったんだけど5分くらいでちぎれてしまい暫くは単走。

    う~ん…疲れているとはいえ35Km/hに乗れなかったかぁバッド (下向き矢印)

     

    暫くしてもう少しゆったりした集団が来たので乗せてもらい、そのままゴールの石巻専修大学へ。

    ゴール手前、一緒に走っていた皆さんで「お疲れ様」って言葉を交わしたり、横に居た方は「ゴールスプリントやっちゃう?」とか冗談を言いながら15:10にグランフォンド(160Km)無事ゴールですうれしい顔

    さすがに160kmは走破した満足感がありますね。

     

    今回もほぼノートラブルで頑張ってくれた相方。

    実は途中、リアディレイラーの調子が悪くなって異音がしてたんだけどアジャスタの調整だけでなんとかなりました。

     

    完走証もしっかりと頂きました。

     

    今回、ツール・ド・東北2013に参加を決めた理由は自分の目で被災地の現状を見てみたかった。

    その上で、いったい自分に何が出来るのかを考えたかった。

    1人の人間が出来る事なんて、ほんの小さな事だと思う。

    けど、自分にも出来るコトってあるハズです。

     

    今大会のコンセプトである

    「復興への願いを込めて。自転車で被災地の「今」を感じ、その記憶を未来に残す」

    この目的は十分に達成されたと思います。

    また、沿道で声援送ってくれる方々、運営に携われたスタッフやボランティアの方々のと接し、復興に向けて前進しようとする力強さ、こんな大変な時でも参加者をもてなして頂ける暖かさがとっても心に残りました。

     

    また来年も参加して、今年とは違った復興に向けて前進した風景を見れるコトを楽しみにしたいです。

     

    最後に「ツール・ド・東北2013」に携われた全ての皆様に感謝と御礼を申し上げます。

    そして被災された東北の皆様へ1日も早い復興をお祈り申し上げます。

     

    相変わらず非常に長い文章になってしまいました冷や汗 (顔)

    最後まで読んで頂きありがとうございます。

     


  • クリートを交換しよう

    どうも、今年いっぱい持ちそうになさそうなクリート。

    来週はツールド東北なので思い切って新品に交換しよう。

    外してみたらドロだらけたらーっ (汗)

    先日のサイクリングしまなみで沼地(?)を歩いたせいだな冷や汗 (顔)

     

    とりあえず磨耗の少ない右側は洗って保管。

     

    クリートの設置位置はマジックでマークしてあるのでネジを締めるだけ。

     

    テスト走行したいけど、明日は晴れるのかな??

    結構微妙な感じです曇り

     


  • 先日のMVP!?

    今まで自転車のイベントって雨=辛いイメージだった。

    そんな考えだったので雨のイベントってDNSやDNFばかりで、レインウェアを購入する気って全くなかった。

     

    先日のサイクリングしまなみ2013で考えが一変exclamation and question

    レインウェアをちゃんと着ていれば普通に楽しいってコトがわかりました。

     

    何故、先日のイベントで雨具があったかと言うと…

    今年のグランフォンド富山の参加賞として貰ってたから冷や汗 (顔)

    失礼ながら参加賞で配布するんだから、かなり安価だと思う。

    が、雨具の機能としては最高のパフォーマンスを提供してくれました。

     

    あの天候で、この雨具が無かったら…

    考えたくもありませんねげっそり (顔)

     


  • サイクリングしまなみ2013

    10月20日(日)に開催された「サイクリングしまなみ2013」に参加してきました。

    自転車乗りとしては一度は走ってみたかった「しまなみ海道」

    しかも往路だけとはいえ今治ICから大島南ICまで高速道路を閉鎖して来島海峡大橋を走行させてくれるなんて、これは行くしかないでしょわーい (嬉しい顔)

     

    富山から愛媛県今治市までは片道約700Km。

    かなり余裕をもって19日(土)の7:00に出発。

    さすがに愛媛は遠いdouble exclamation あせあせ (飛び散る汗)

    途中、四国に渡る際に瀬戸大橋からの景色に感激し翌日のしまなみ海道にも期待するが、このあたりから雨が降ってきた。

    天気予報はかなり微妙で降るような降らないような…

    だんだん雨脚が強まる中、16:00に今治市のメイン会場に到着。

     

    ここでビックリexclamation and question

    会場、駐車場の足場がドロドロ。

    しまなみサイクリング メイン会場受付1

    主催者側が急遽、砂利をしいて対応していたけど…

    しまなみサイクリング メイン会場受付2

    まぁ、来年に向けての改善点ってコトで宜しくお願いしますがまん顔

     

    受付を済ませて本日の宿へ。

    ま、チェックインしても特にするコトはないのでゼッケン付けて

    しまなみサイクリング ゼッケン

    ビール飲んでさっさと寝る眠い (睡眠)

     

    翌朝、準備を済ませて会場へ行く途中の様子。

    しまなみサイクリング 当日朝

    雨です。しかも結構降っている雨

     

    会場の駐車場は昨日以上にドロドロ状態。

    かなり奥地はまだ砂地だったので、そこに停めて準備するコトに。

     

    雨のせいでテンション低いが、とりあえず準備完了double exclamation

    しまなみサイクリング 自転車準備

     

    7:40からオープニングセレモニーを行うらしいのでスタート地点へ移動。

    しまなみサイクリング スタート前

    自分のスタート位置は大三島コースのウェーブ3なのでちょうど真ん中。

    ちなみに大三島コースは本大会最長の110Km。

    今回の「サイクリングしまなみ2013」は関門の設定タイムも緩そうだし距離も大して長くないので景色も十分に楽しめそうです。

     

    しかし、このオープニングセレモニーには結構驚いた。

    上空には取材と思われるヘリが5台飛び回っているし、来賓に現職の谷垣法務大臣が来ている。

    しかも、挨拶とスターターだけじゃなく自転車で走るって言うし。

     

    先頭がスタートしてから約15分後に自分達のグループがスタート。

    すぐに今治ICから高速道路に入る訳だが…

    料金所で大渋滞が発生あせあせ (飛び散る汗)

    別に料金を払う訳でも無いし車幅の十分だと思っていたが問題は傾斜。

    車で走行する場合って全然気にしないけど料金所から本線へ向かう道って基本的には上り。

    普段、上りを走りなれている人ばかりなら全く問題の無い斜度だけど、1500人(大三島コース)もいれば上りが苦手な方々もいるハズ。

     

    とはいえ、この程度の渋滞ならどんな大会でも発生しているのでそんなには気にしない。

    高速道路本線に入り、すぐに来島海峡大橋かと思ってましたが、約6Kmは普通に陸上の道路を走ります。

     

    いよいよ、来島海峡大橋へ出て絶景が現れるハズだったが…

     

    ガスで真っ白です。悪天候でほとんど景色は見えない涙

    多分、この日の一番雨が強い場面がココでした。

    しかも、海上だから風が強いdouble exclamation

     

    普通に考えると、とっても残念なんだけど…

    この情況でしまなみ海道を走るコトって無いかもしれない。

    って思うと結構貴重な体験をしているのか??

    と、ポジティブに思えて楽しくなってきた冷や汗 (顔)

     

    高速道路だから舗装も綺麗だし2車線で広くて走りやすくて、あっと言う間の来島海峡大橋でした。

     

    大島南ICから高速道路を降りて一般道へ。

    しばらくは信号待ちの為か渋滞してしまったけど、いつの間にやら普通に巡航できるペースに。

     

    雨なので前の方のドラフトに入る訳にもいかず、基本は単走状態。

    途中、大島と伯方島の間を流れる潮があまりに速くてビックリdouble exclamation

    海なのに川の様な流れ。

    これなら渦も発生するよなぁ。

     

    次は伯方島へ移動するのにまた、橋を渡るが今度は歩行者&自転車用。

    道は狭いので注意しながら走行する。

    伯方島へ渡ってすぐ、トイレがあったので入ったが、どうも隣にエイドステーションがあるっぽい。

    事前の地図には無いんだけど…

    後でMAPを見て解かったけど、どうやら復路の第4エイドになっている「伯方S・Cパーク」。

    しまなみサイクリング エイドステーション1

    まだ第1エイドステーションにも到着していないのに何故か既に絶賛営業中exclamation and question

    実際、走行中は普通にエイドステーションだと思っていたので休憩し補給を行いました。

    糖分が欲しかったのでドーナツと…

    ここのオリジナルフードがレモンジュレ。

    クエン酸が補給出来るなら是非食べなくてはわーい (嬉しい顔)

     

    さっき走行した橋が見えます。

    しまなみサイクリング エイドステーション2

    この辺りから雨が止んできました。

    休憩中、話をした方は「もう、このまま降らないよ」って言ってたけど…

    どうかな??冷や汗 (顔)

     

    まだ、疲れは全くないのですぐに出発。

     

    また橋を渡り大三島へ上陸。

    すぐに本来は第1エイドステーションである「伊予銀行大三島保養所」に到着。

    ここでのオリジナルフードは「神島まんじゅう」

    しまなみサイクリング 神島まんじゅう

    白餡で補給食にはピッタリですわーい (嬉しい顔)

    あとは「みかんゼリー」と「朝バナナ」。

    しまなみサイクリング みかんゼリー

    本当は「塩ようかん」も食べたかったけど、もうお腹いっぱいたらーっ (汗)

     

    食べ切れなかった分はポケットに入れて先に進みます。

    途中、上り坂でみかん畑と来島海峡大橋が綺麗に見えたので止まって写したが…

    しまなみサイクリング みかん畑

    来島海峡大橋が写っていないぞ~冷や汗2 (顔)

    この辺りでは完全に雨は止んでたのでレインウェアを脱ぐコトに。

    上の写真ではボトルに無理やり押し込もうとして失敗しています。

     

    今回の「サイクリングしまなみ2013」のコースですが

    極端なヒルクライムって区間は無いのだけど結構アップダウンがあります。

    ルートラボを見てみると走行距離110Kmで獲得標高が1265mだから坂が苦手な方には結構、達成感があるコース設定なのではないかと思います。

     

    そんなアップダウンを繰り返し走行していると、島の方々から暖かい声援をたくさん頂きます。

    どの島を走っていても声援を頂くのですが、中には横断幕まで作って頂いて…

    こんな好意的に歓迎して頂けるなんて、とってもありがたいですね。

     

    横断幕を見たすぐ先に第2エイドステーションの「大三島支所」に到着。

    ここでは蛇口を捻ると「みかんジュース」が出てくるらしい。

    あと女性スタッフの方々が食べ物を進めてくるのだけど…

    可愛いから断れないのです冷や汗 (顔)

    前のエイドステーションもそうだったし、この後もそうだんだけど…

     

    可愛いんですうれしい顔

    進められると断れないんですたらーっ (汗)

     

    こんな感じでエイドステーション毎に満腹になり出発。

    この辺りから路面も乾いてきたので高速走行する方々のドラフトに入ったり、単走でも風はフォローなので軽快に走行。

     

    景色も綺麗だし本日、最も快調に走行できた区間でした。

     

    第3エイドステーションの「多々羅しまなみ公園」で出迎えてくれたのは…

    しまなみサイクリング ゆるキャラ?

    君はいったい??

     

    えひめ南予観光PRキャラクター「にゃんよ」らしいです。

    なんだか微妙に(?)可愛かったから写させてもらいました冷や汗 (顔)

     

    お昼ごはんの弁当を貰い、オリジナルフードを見ると…

    たこ天とかって、かまぼこ?

    ごめんなさい、自分は練り物が駄目なんですげっそり (顔)

     

    海と橋の見える場所でお昼を頂きます。

    しまなみサイクリング エイドステーション4

     

    お弁当と塩アイスですわーい (嬉しい顔)

    しまなみサイクリング 昼食

    ちなみに、塩アイスはソフトクリームみたいで美味しいんだけど…

    気温が低かったので体が冷えてしまったかもしれないたらーっ (汗)

     

    ここでゆっくりと休憩し過ぎたせいか、あと10分でエイドを締め切るとのアナウンスが。

    急いで準備をし出発double exclamation

     

    順調に走行をしていたのだけど、伯方島へ戻る頃にはポツポツとまた雨が降り出した。

    第4エイドステーションの「伯方S.Cパーク」へ到着する頃にはレインウェアが必要なレベルになったのでボトルから引き出して着用。

    正直、雨は嫌だったけどレインウェアを着ると暖かいほっとした顔

    しかし朝、第1エイドと間違えた時点では活気があったのに、この時点では閑散としている…

    自分が到着した時間が悪かったのか…朝で燃え尽きたのかexclamation and question たらーっ (汗)

     

    そんなに疲労は無いし補給も必要ないので早々に出発。

    雨は止むどころか強くなってきた。

    まぁ今更気にもしないので普通に走行し第5エイドステーションの「よしうみバラ公園」に到着。

    が、トイレ以外にするコトが無い。

    エイドの間隔が短いので休憩も補給も必要なく出発。

     

    大島へ渡り今コース最大の急勾配な場所「田浦峠」へ。

    確かに斜度はあるが距離は短いので気分は楽です。

    田浦峠を通過後、周りのペースが遅かったのでしばらく単走するコトに。

    誰か来たら一緒に走ろうかと思ってたが、そのまま来島海峡大橋へ到着。

    復路は歩行者&自転車用を走行。

    結局、復路も雨だったので自分が想像する様な景色は堪能できなかったけど、それでも不思議と見える景色には満足してしまう。

    写真とかを見て勝手に青空の「しまなみ海道」のイメージをしてしまっていたんだけど、雨でも「しまなみ海道」は凄く魅力的な景色だって思えました。

    なごり惜しいので若干ゆっくり走行し四国本島へ到着。

     

    後はフィニッシュ地点に向かうだけと思いきや…

    ゴール手前にも、まだアップダウンがあるのね冷や汗 (顔)

     

    結局、ほぼ雨のイベントでしたがトラブルも無く無事、ゴールdouble exclamation わーい (嬉しい顔)

     

    実は、ゴール地点で楽しみにしていたモノが…

    B級グルメ「今治豚玉子飯」うれしい顔

    しまなみサイクリング 今治豚玉子飯

    美味しい食べ物は体に悪いを具現化した(?)様な1品。

    どう見ても高カロリーで高コレステロール冷や汗 (顔)

    まぁ毎日食べれば体に悪いが今日だけなら、良いよね?

     

    感想は…ビールと一緒に食べたいexclamation and question うれしい顔

    予想通り美味しいよ~

     

    そういや、ゴール後にボランティアの子供達から手渡された、みかんと一緒に案内の紙が。

    温泉の無料券が付いているdouble exclamation

     

    とっとと機材を片付けて頭の悪いナビを頼りに温泉「清正乃湯」へ直行たらーっ (汗)

     

    ゆっくりと汗を流し、さっぱりとして帰路へ。

    また、富山まで10時間でしたが無事帰着出来ました。

     

    今回の「サイクリングしまなみ2013」は来年行われる「瀬戸内しまのわ2014」のメインイベントとして行われるサイクリング大会のプレイベントらしいです。

    当然プレイベントという目的上、改善しなければならない課題は見えたと思います。

    が、それ以上に参加者として感じたのは主催者側の本気度と地元の方々が歓迎してくださる「おもてなし」の心が凄く印象的でした。

    東京オリンピックの招致プレゼンで滝川クリステルさんが言った「おもてなし」という言葉ですが、これって特別なコトでは無くて日本人にとっての美徳ですよね。

    非常にありがたかったです。

    多分、皆様のそういった心使いのおかげで雨といったマイナス要素が致命的にもなりえる大会が、凄く楽しくて、また絶対に「しまなみ海道」に行きたいと思える大会になったのではと、自分は感じました。

     

    非常に長い文になってしまいましたが、今回の「サイクリングしまなみ2013」を支えてくださった全ての関係者様へ御礼申し上げます。

    また、来年の本大会を楽しみにしております。

     

    今回の走行データは…

    走行距離 117.48Km

    平均速度  21.0Km/h

    最高速度  54.6Km/h

    走行時間   7時間51分(実走は5時間35分)

    でした。

     


  • 壊れちゃったよ

    自転車用のボトル。

    先日より、なんか漏れるな~と思っていたら…

    そりゃ漏れるよなぁ冷や汗 (顔)

    こんなに大穴が開いてたんだ。

     

    このボトルって15年くらい前に何かのイベントで無料で貰った品だったのが

    現在まで壊れるコトなく使い続けていた。

     

    自転車用だけど、スポーツジムやランニングの際にも使用していたので

    かなり頑張ってもらってたんだよなぁ…

     

    形ある物は必ず壊れるって言うけれど、無料で貰った品物がこれだけ長年にわたって頑張ってもらうと愛着もあるし、ちょっと寂しい気もする。

     

    ま、気持ちは切り替えて、新しいの探さなければ冷や汗 (顔)

    今度は保冷機能があるのにしようかな??

     


  • ビワイチ2回目ッ!!

    昨日行こうかと思って準備までしていた「ビワイチ」

    今日は昨日の回復モード(?)から復活し遊びモードに切り替え完了exclamation and question

    3時起床も全然問題無しわーい (嬉しい顔)

    準備は全て金曜の夜に終わっているので、あとは自分の身支度だけ。

    前回は真夏だったので日没が遅かったが今回は遅くとも18:00には走行を完了したい。

    若干の余裕をもって3:23に長浜港に向けて出発!!

    ビワイチ 出発

    高速道路を走って福井あたりで夜明けが。

    天気予報通り、雲が多く晴天ではないけど雨は降らなさそうな感じ。

     

    約3時間のドライブで6:30に長浜港横の豊公園駐車場に到着。

    さっさと機材を組み立てて…完成double exclamation

    ビワイチ 長浜出発

    前回、かなり迷子になったので今回はiPhoneを装着。

    ビワイチ スマホ搭載

    これで迷うコトも無いでしょう冷や汗 (顔)

    更に、今回は「琵琶湖1周認定書」を貰おうかなと目論んでみる。

    こちらがオフィシャルのURLです。

    http://www.biwako1.jp/modules/info/index.php/authorize.html

     

    急いで準備したものの出発は7:00。

    ただ、夏と違ってこの時間だと18℃で肌寒いのでアームウォーマーを装着。

     

    秋らしく空気が澄んでいるので景色が綺麗だし、走行していても気持ちいいんですうれしい顔

    ビワイチ 長浜風景

    今回も半時計周りで走行。

    まずは「道の駅 湖北みずどりステーション」へ。

    この目的地(チェックポイント)へ行くのが「認定書」を貰う条件なのです。

    で、各チェックポイントに掲載されている問題の回答を携帯かスマホで送信するコトで滞在証明される仕組みらしい。

    ※詳しくは上記のオフィシャルで見て下さい。

     

    各所でこのように掲載されています。

    ビワイチ 湖北みずどりステーション

    回答も終え順調に北上し琵琶湖最北端まで到着。

    国道8号線のトンネルを回避し、ビワイチ唯一のヒルクライム区間へ。

    傾斜も距離も全然大したコトは無いんだけど、途中のトンネルが…

    不気味過ぎdouble exclamation げっそり (顔)

    ビワイチ トンネル?

    しかも、後から来たサイクリングの方々が喋りながらトンネルに入ったみたいで。自分はそんなコト知らずにちょうど、中央部分に居るので「なんで声が聞こえるの??」って本気で怖かった泣き顔

     

    そして、このトンネルを抜けると絶景ポイントが。

    ビワイチ 最北端

    朝早いせいか、空の青と水の青が綺麗double exclamation

    この後の下りは落ち葉等で路面が汚かったのでゆっくり下る。

    なんだろう?この前の台風の影響か…それとも秋はこんな状態なんだろうか?

    とにかく安全運転で行きましょうわーい (嬉しい顔)

     

    前回はこの辺りから迷子を連発したんだけど、さすがに今日は2回目なので大丈夫。

    頼りのiPhoneが登場するコトもなく快適に走行中るんるん (音符)

    このまま湖西に移動する訳なんだけど、先日の台風18号の影響で大浦~マキノ間の湖畔を走るルートがNG。土砂崩れらしいです。

    とりあえずJR永原駅が認定証のチェックポイントなので立ち寄って迂回ルートの国道303号へ。

    この迂回ルートは結構な上りでしたが途中からはロングダウンヒル。

    本日の最速56Km/hを記録したのがこの区間でした。

     

    マキノで湖畔沿いの通常ルートへ復帰し南下。

    途中、認定証のチェックポイントになっている今津港へ。

    通過したチェックポイントでここだけ答えがわからなかった冷や汗 (顔)

    多分、不正解でも認定証は貰えるんだろうが正解したいので港の職員さんに教えてもらい回答。

    う~ん…不正行為か??がまん顔

     

    順調に走行し次のチェックポイントになっている「しんあさひ風車村」に到着。

    ビワイチ しんあさひ風車村

    前回はこの辺りで12:00だったが今回は出発が早いとはいえ10:00に到着。

    まだまだ昼食には早いので休憩のみ。

    しかし、この風車村って次から次へとビワイチを行っているサイクリストが入ってくる。

    実際、夏とは比較にならないくらい自転車とすれ違う。

    何かのイベントなのか時計回りは何度も大集団が走り抜けていく。

    やっぱり皆さん快適な秋にビワイチを行うんですね。

    ※夏は拷問に近いモノはあったなたらーっ (汗)

     

    集団走行も楽しいんだけど今日はソロで気ままに走行。

    湖畔の花も秋らしく彼岸花。

    ビワイチ 彼岸花

    自生しているのか、色んな場所で見かけました。

     

    そのまま順調に走行し12:00琵琶湖大橋に到着。

    早いな~double exclamation うれしい顔

    しかもここなら昼ご飯に困るコトは無さそう。

    過去に色んな場所へ行ったがちょうどお昼時って人里離れたトコロばかりで昼ご飯にありつけないってコトばっかりだった。

    とりあえず今回は琵琶湖大橋の下にある「道の駅 びわ湖大橋米プラザ」へ。

    レストランもあるけどジャージでは入りにくいので弁当を購入。

    ビワイチ びわこ大橋米プラザ 昼食

    500円だけど…自分的には高級弁当に見えるのです冷や汗 (顔)

    実際、美味しいんですよ。

    天気も良いので屋外で琵琶湖大橋見ながら食べたってコトも理由なんだけど、今回は時間的に余裕があるので心にも弁当を味わう余裕があるんでしょうねぴかぴか (新しい)

    ビワイチ びわこ大橋

     

    しっかり1時間休憩し長浜港へ向けて出発double exclamation

    今日は自転車だけじゃなく歩くイベントも行っていた。

    琵琶湖大橋の上は歩行者がいっぱいいたのでかなりゆっくり走行。

    別に慌てる必要なんてないのですわーい (嬉しい顔)

     

    しかし、余裕だったのはここまで。

    湖東に入り湖岸道路を北上した途端、向かい風が…

    確かに天気予報では午後から風が強くなるとは言ってたけど泣き顔

    ビワイチ 強風

    写真じゃ良くわかんないけど旗と木が凄いコトに。

    単走だと心が折れそうになってしまう涙

     

    とにかく時間には余裕があるので「走って疲れたら休む」を繰り返し前に進む。

    途中の休憩で一緒になった2人と話をしてたけど、この方々は2日で琵琶湖を1周するプランだったので色々と観光もしてきたみたい。

    観光も入れた計画もいいよなぁ。

    まだ彦根城に行っていないし…

     

    そういえば、風車村以降チェックポイントを通過していないんだけど…

    見落としなのか?それとも自分の走行ルートからは外れているのか??

    最低4箇所は通過しなければ認定されないのでチェックポイントの「彦根港」と「道の駅 近江母の郷」へ。

     

    夏走った時は凄く長い行程に感じたけど今回は迷子も無かったせいか、いつのまにやら長浜港見えてきたうれしい顔

    あともう少しの場所で湖面が大人しくなってきたので1枚。

    ビワイチ 休憩

    今日はウィインドサーフィン日和だったみたいです。

     

    そして、16:30ようやく到着double exclamation

    ビワイチ 長浜到着

    長浜港もチェックポイントになっているので合計7つのポイントを通過したコトに。

     

    向かい風で貯金を使ったとはいえ予定より1時間早く到着。

    やっぱり慣れと秋の気候が良かったのかな。

    今日はずっと30℃以下だったので気温的には快適な範囲でした。

    向かい風は想定していたとはいえ厳しかった涙

    でも、やっぱりビワイチは楽しいですdouble exclamation うれしい顔

     

    今回のサイコン情報は

    走行時間:6時間22分

    走行距離:149Km

    平均速度:23.4Km/h

    最高速度:56.0Km/h

     

    迂回路を使ったのと迷子が無かったので前回より距離が少ないけどしょうがない。

     

    さ~あとは「認定書」の申請だ~!!

    でも、今日は疲れたのでもう寝よう…眠い (睡眠)

     


  • 北アルプス山麓グランフォンド2013

    天候回復に淡い期待をしていたんだけど…

    朝3時起床したら雨雨

    さらに最悪なコトに寝つきが悪く2時間くらいしか眠れてないし涙

    この時点でイベントに行かないって選択肢もあったんだけど、ひょっとしらた現地は降っていないかもしれない?なんて期待もして諦められないんだよなぁ

    とりあえず、行こうかと3時17分に出発double exclamation

    スタート地点の鹿島槍スポーツビレッジまでは約2時間30分の運転だけど

    雨が止む気配は全く無いdouble exclamation

     

    ようやく空が白んできたコロにスタート地点付近まで着いたのだけど

    案内の看板が出ていないのでお約束の迷子冷や汗 (顔)

    HP上のGoogleMAPとスマホの地図を頼りになんとか到着するも…

    駐車場の案内が無いのでどこに止めて良いのかわからない。

    とりあえず、受付をさっさと済ませたかったので適当に駐車して車外に出ると

    息が白くなる直前くらいの寒さたらーっ (汗)

    いかん…

    迷子の間に知らない道をぐるぐる回ってたせいか車酔いで気持ち悪い涙

    不思議なコトに自分で運転しててもたまに酔ってしまう。

    さらに天候不良でロングコースをミドルコースに変更して行うらしい。

     

    ここで決断double exclamation

    雨と寒さでテンション低いし、車酔いで気持ち悪い。

    こんな状態で走っても楽しくないだろうし天気予報では天候の回復は見込めない。

     

    初のDNSげっそり (顔)

     

    残念だけど明日から仕事もあるし、無茶して体調悪くする訳にもいかない。

     

    あ~ガッカリです。

    でも、自転車って自然相手だからしょうがないんだよね。

     

    機会があればまた来年、考えようわーい (嬉しい顔)

     


  • 明日は冷たい雨みたい?

    「北アルプス山麓グランフォンド2013」前日。

     

    天候の回復を期待していたんだけど…駄目みたい雨

    う~ん、ちょっと前まではあんなに暑い日々が続いていたのに、こんなに急に秋になるなんて。

     

    このイベントにエントリした時は9月8日なんて、まだまだ暑いのに大丈夫か?って心配だったが実際には明日の防寒はどうしようになっている涙

    今日も午後から雨らしいので降っていない午前中に自転車を車載。

    今回、307SWに車を変更してから初めてベルトで固定してみました。

    フロントとリアにホームセンターで購入したこんなので固定。

    1本300円のベルト(4m)を2本購入。

    実際、車を動かしてみたけど、しっかり固定されている様子。

    今までは、たいがい移動途中で自転車が倒れたので今度からは大丈夫わーい (嬉しい顔)

     

    しかし、今日発表された最終の天気予報では明日は終日雨っぽい。

    そこそこの雨量があるらしいし…

    用意した服装が長袖、半袖のジャージにアームウォーマーにレッグウォーマー。さらに長袖のインナーまで。

    最高気温が20℃ってコトは雨のダウンヒルは半袖だと凍えそう泣き顔

     

    とりあえず、明日は3時に起床して行くだけ行ってみよう。

    あまりにコンディション悪い様ならDNSもありうる。

     


  • グランフォンド富山2013のDVD

    今年も忘れた頃にやってきた「グランフォンド富山2013」のDVDわーい (嬉しい顔)

    さっそくビール飲みながら見てみると、数秒くらいだけどそこそこ自分が映っていが、全て山岳地帯で苦しんでいる姿なんだけど…

    去年は余裕な顔してカメラに愛想振りまいていたせいかほとんどカットされてた。映す側はやっぱりドSなのかexclamation and question山で苦しんでいる映像が欲しいらしい冷や汗 (顔)

     

    そういえば、その開会式の時に言ってた秋に行うイベント。

    本当に実施するらしく案内が入っていた。

    大会名称は「立山山麓有峰サイクルフェス」

    案内の表面を見ると気候の良い秋に開催されるサイクリングイベントに見えるが、裏面を見ると…

    ん??走行距離が89.3Kmは良いんだけど獲得標高が2292mってexclamation and question

    こりゃ、かなりハードだぞげっそり (顔)

    コース見ても初心者が安易な気持ちで参加しようモノなら即リタイヤもありうる、っていうか初心者お断りって感じがする。

    それは別に構わないんだけど、それなら大会名称をもっとハードな感じでも良かったのかなって思った冷や汗 (顔)

    どうしよう、今回は既にスケジュール埋まってるから見送るかな??

     


  • また案内が来た!?

    今度は自転車のイベント。

    「秋のネオセンチュリーランとやま2013」

    春のネオセンとはコースが違って今度は桜ヶ池へ。

    かれこれ15年程前に出た時とコースはそれ程変わっていないのかな?

    しかし、この翌週は「サイクリングしまなみ2013」だし…

    体力的には全く問題無いとは思うけどどうしようかな?冷や汗 (顔)

     

    まぁ締め切りまでもう少しあるから悩もう。