真夏のしまなみ海道を走る(今治へ)

夏休みには一足早いけど8月1日(土)に「しまなみ海道」に行ってきました。

 

きっかけは愛媛県が発行した「えひめ旅行券」

8,000円分の宿泊券と2,000円分のサイクリング券がセットで5,000円で購入できるとのコト。

抽選だったのだけど申し込んでみたら見事に当選うれしい顔

梅雨明け直後なら雨の心配は無いハズと予想し早期割引りのある1ヶ月前にホテルを予約。

 

もし雨ならホテルをキャンセルしようかと考えていたけど、予想通り雨の心配は全くない天気らしい晴れ

 

交通機関も輪行しようか車移動か悩んだのだけど、時間的に余裕がある車で移動することにしました。

 

8月1日(土)の真夜中の2時に広島県尾道に向けて出発double exclamation

富山-尾道は約600Kmなので約7時間ちょっとの旅です。

 

尾道には9時30分に到着。

晴天の中、機材を組み立て準備完了double exclamation

DSC_0010

ウェアは当然(?)FORTUNAジャージ。

気分は「ろんぐらいだぁす!」で走りますわーい (嬉しい顔)

 

まずは向島行きのフェリー乗り場へ移動。

今治まで続くブルーラインはここから始まります。

DSC_0013

 

向島に渡るのに渡船を使います。

DSC_0014

ろんぐらいだぁす!5巻の19話だよね~わーい (嬉しい顔)

 

渡船を待っている間に、こんなマップを見ていると早く走りたくてウズウズしてしまいます。

DSC_0015

 

10分も待たないうちに渡船がやってきた。

DSC_0017

 

で、渡船で向島に上陸し、さっそく走り出そうと思ったのだけどブルーラインが2方向に出ている。

とりあえず2本の内の1本の方向に走ってみたのだが、別の渡船乗り場に出てしまったたらーっ (汗)

どうやらハズレ(?)らしいので元の場所まで戻ってもう1本の方向へ。

 

完全に自分勝手なイメージなのだが「しまなみ海道」は尾道から今治までブルーラインが切れるコト無く続いているので迷うコトは無いと思っていた。

が、途中で切れている部分もあるのね。

 

今日は今治までブルーラインを辿り走行する予定だったのでルートの予習はしていない。

特に向島と因島は初めてなので土地勘が全く無く、島のどの辺を走ってるのか全然わからない。

 

急遽、スマホの地図アプリとGPSを頼りに走るコトになってしまった。

 

海沿いのルートを快適に走行していると因島大橋が見えてきた。

DSC_0021

青い海と空に吊り橋がとっても映えて綺麗ですうれしい顔

この橋だけ自動車道路の下に歩道がある構造になってる。

DSC_0022

 

因島に初上陸した訳なのだが…

寄り道したかった「はっさく屋」さんの場所を生口島と勘違いしていたので完全にスルーたらーっ (汗)

ま、帰りも通るので今日はあきらめよう。

 

さらに走行ルートが途中から内陸部に入っていく感じで上りが多くなってきた。

なんで海沿いじゃないんだろうと疑問に思いながらもブルーラインを走行。

走っている時は結構上っている印象だったのだけど、後でガーミンコネクトで確認すると全然大したコトはなかった冷や汗 (顔)

 

暫くして、また海沿いのルートに戻ったのだが、この辺りから暑さが激しくなってきた晴れ

8月なので、ある程度の暑さは覚悟してはいるのだが…

 

生口大橋が見えた頃にはボトルの中身が心細くなってきてる。

DSC_0024

が、生口島で食べたいモノがあるので、もう少し我慢しよう。

 

生口大橋を渡り生口島へ。

この島は去年の「サイクリングしまなみ」で走っているのだが苦い思い出が…

 

前を走っていた自転車が合図も無く本線で停車したせいで自分は落車したんだよなぁ

おかげで手首を捻挫した状態で走るコトになりエイドで応急手当してもらうまで辛かったのを覚えている。

 

その時は手首が痛くてスルーした「瀬戸田ドルチェ」

DSC_0028

 

今日は食べるぞ~うれしい顔

DSC_0029

2種類のジェラートを選んだのだけど生口島といったらレモンは外せないでしょ~と、勝手な印象。

あと1種類は「瀬戸田のはるか」って名前が気になって店員さんに聞いてみたら柑橘の種類だって。

 

店内はクーラーが効いて涼しいのだけど、外で海を見ながら食べよう。

 

味の方は美味しいに決まっているうれしい顔

8月の暑い中自転車で走っているのだから冷たくて甘酸っぱい柑橘系のジェラートは最高だよね~

 

美味しいジェラートを食べた後は最高の景色の中を走る。

DSC_0030

今回走行したルートで一番気に入った景色がコレかもしれない。

 

この先にある瀬戸田サンセットビーチで昼食休憩。

ゆっくりと休憩したかったのだが、海水浴客が大勢いるので早々に出発。

確か「多々羅しまなみ公園」まではそんなに距離は無かった記憶があったので、そこで休憩しよう。

 

多々羅大橋を渡っている途中に奇妙なモノが…

IMG_0538

「多々羅鳴き龍」 って書いてある。

脇に拍子木があるので叩いてみると音が橋で反射しているのかこだまみたいな感じで、思わず「お~」と言ってしまった。

 

橋を渡り終えて下ると大三島に到着。

「多々羅しまなみ公園」は橋の袂にあるので入っていくと「サイクリストの聖地」って書いてある。

 

こんなオブジェが設置されていたんだけど、去年もあったのかな??

IMG_0539

いまいち記憶に無いし冷や汗 (顔)

 

なんとなく売店のメニュー見ると今治豚玉子飯が売っている。

昼食、ここまで我慢すればよかったなぁ

 

大三島から先は去年も一昨年も走っているので懐かしい感じがする。

ま、以前と違うのは真夏の暑さ晴れ

 

大三島橋に到着するも暑さでバテバテ。

IMG_0546

サイコンの気温計では38℃だって。

走行する目的がもはや冷たい飲み物を求めて移動している感がするのだが…たらーっ (汗)

 

熱中症だけは避けなければいけないので「伯方SCパーク」で休憩。

以前は晩秋に走っているのでエイドの間隔が短いな~なんて思ったけれど今日の暑さなら、このくらい頻繁に休憩しないと身の危険を感じる。

 

海水浴客はソフトクリームに列を作っているが、自分はとにかく水分。

炭酸系の飲み物が美味しくて仕方がない。

 

出発するもスピードが出ない。

風もあまり感じないので体が冷却されないげっそり (顔)

ま、自分は自業自得のサイクリングなのだが、中には小さな子供とサイクリングする親子がいるけど、大丈夫なのか心配になってしまう。

 

さて、次は伯方・大島大橋を渡り大島へ。

IMG_0552

 

ここって初めて見た時も思ったけど潮の流れが川の様に速いdouble exclamation

IMG_0553

対岸まで泳げって言われたら絶対に溺れそう。

 

大島ではブルーライン通りに進むと田浦峠は通過しないでいいみたいわーい (嬉しい顔)

この暑さなので回避できるのがとっても嬉しい。

 

初めて立ち寄る「よしうみいきいき館」に到着すると、なにやら会社のイベントか何かで海鮮バーベキューをやっている。

あ~ビール美味しそうだし目がハート (顔)

しかし、今はそれ以上にスイカがめちゃくちゃ美味しそうに見えてしまう。

 

イカンイカン。

自分は売店でアイスと真水を購入。

 

外に設置してある自販機が「しまなみ海道」ならではの品を販売している。

IMG_0556

タイヤチューブとか自転車用の備品って…

亜美が言ってたとおり、ここは自転車の楽園なんだってわーい (嬉しい顔)

だから普段は絶対見かけない自販機があるんだよなぁ

 

さ、最後の来島海峡大橋を渡れば今治へ到着。

IMG_0558

この橋は何度渡ってもスケールが大きいdouble exclamation

橋の上から見える景色も最高に綺麗です。

 

四国上陸の後はブルーラインを進むのみ。

行きつく先は今治駅。

 

17時30分にようやく今治駅に到着。

なのだが、何の前触れもなくブルーラインが終わってしまったたらーっ (汗)

ま、いいか。

 

 

さて、今夜の宿を探す訳なのだが…

高くって目立つので直ぐに場所はわかった。

 

本日の宿は「今治国際ホテル」

DSC_0031

なかなかの高級感だが「えひめ旅行券」のおかげで5,000円で宿泊できます。

 

しかも、さすがに自転車の楽園「しまなみ海道」のホテル。

IMG_0566

部屋まで自転車の持ち込みがOK。

これは理屈抜きで、とっても安心できます。

 

さすがに暑さにやられたのか、それとも今日は体調が悪かったのか普段以上にバテバテになりました。

ゆっくり休養し明日は尾道まで頑張って戻らなくては…冷や汗 (顔)