ネオセンチュリーランとやま

約15年ぶりの参加となるネオセンチュリーランとやま。

当時は秋のみの年1回だったのが現在は自転車ブームの追い風もあるのか

春にも開催されているので、来月のグランフォンド富山(ロングコース180Km)の

練習も兼ねて参加して来ました。

 

週間天気予報では雨だったのが大外れで、まさに五月晴れ晴れ

スタート地点の太閤山ランドも雲ひとつない晴天です。

 

今回の走行距離は110km。

コースはスタート地点の太閤山ランドから富山新港まで下り海沿いを東へ。

23km地点、岩瀬のカナル会館で1回目の休憩。

 

ここまでは、ほとんど下り&平坦基調なので全然体力は使っていない感じ。

風も無風状態なので快適なサイクリングでしたわーい (嬉しい顔)

もし、初めての自転車イベントに参加するなら絶対に楽しんで貰える様なコースだと思います。

 

ここからは、もう暫く海沿いを走行し常願寺川沿いを山へ向かって登って行きます。

このあたりから、軽い上り基調になってる上に国道や幹線道路と交差する際は

必ず自分達が走っている道が立体交差の下をくぐる様になっている。

下をくぐれば当然、元の位置まで上らなきゃいけないたらーっ (汗)

 

こんなコトを何度も繰り返している内に、どんどん体力が削られていくげっそり (顔)

途中、常願寺ハイツで補給休憩を行って…

どうやら、この後はこのイベントの目玉(?)である激坂区間が待ち構えているらしい冷や汗 (顔)

 

で、上ってみると…確かに目玉区間でしたdouble exclamation

一応、交通標識では10%の上りらしいが晴天も手伝って暑さが厳しい。

参加者の中には自転車を降りて歩いている人もいるし。

自分も初めてのコースなので、ペース配分が分からなくて…

 

とにかく休憩地点の立山山麓家族旅行村までは到着。

ここで昼食を貰ったんだけど…

正直、予想外に豪華(?)だった冷や汗 (顔)

確か、15年前に参加した時はコンビニのおにぎり2個だったんだけど

時代が進み今回は、ヒレカツ弁当double exclamation

 

って…今ハードなヒルクライムをした後にヘビー過ぎるexclamation and question

弁当を受け取って座っていると隣の方から話かけられたんだけど

自分が脳に血液が回っていない状態だったので意味不明な返答していたのかもしれない。

申し訳ありません冷や汗 (顔)

 

昼食を頂いた立山家族旅行村は冬はスキー場なのだけどシーズンオフでも

山頂までのゴンドラが動いている。

 

さて…ヘビーな昼食(?)を完食し眠くなっているんだけど

これからスタート地点だった太閤山ランドまで帰らなくてはならない。

 

大丈夫か??と不安になっていたけど

帰り道はほぼ下り基調でたまに軽い上りがある程度。

心配だった胃の調子も問題無く、結構なハイペースの集団に引かれて

ゴールまで到着出来ましたわーい (嬉しい顔)

 

ゴール後(110Km)にまだ走れるかって聞かれたけど…

うん、まだ余力は残っている。

 

当初の目的だったグランフォンド富山の事前練習はOKdouble exclamation

後は来週でも天気良ければ180Kmの練習しておかなくては…

 

しかし、こんなにも天候に恵まれたイベントって初めてかもしれない。

 

正直、ヒルクライムはきつかったけど、この時期の、この場所の景色が

こんなに綺麗だったなんて地元に住んても知らなかった。

この景色を見る為に、このイベントに参加する価値は十分にあると思います。

 

毎度ではありますが…

今回のイベントに携われたスタッフ及び参加者の皆様、お疲れ様でした。