WindowsXPのサポート終了が…

いつのまにやら4月になってWindowsXPのサポート終了日が迫ってきた。

会社にも数台WindowsXPで動いていたが正直なトコロ、特に対策は無しで行こうかな、なんて考えていた。

本音を言えば何故、今回WindowsXPが大々的にメディアに取り上げられたんだろうって疑問が…

これまでにもサポート終了したOSはある訳だし、仮にWindowsXPのユーザーが多いにしても、メディアが誇張して煽っている様にしか見えなかった。

特にワイドショーや夕方の情報番組もどきの素人を騙す様な煽りようが酷すぎて嫌気がさしてた。

 

とはいえ、マイクロソフトはこれ以上WindowsUpdateでセキュリティーパッチを提供してくれない訳だし、そもそもWindowsXPは通常では考えられないくらいの長期サポートを行ってくれたのだから非難する様なコトはしない。

 

前置きが長くなったけど、自分の会社のWindowsXPを、どうしようか考えてたが、メディアが煽る様なコトは無いとは思っている。

が、100%安全かと言うと、そういう訳にもいかない。

 

結論が出ないまま、いつもの様に会社から帰ってビールを飲みながら考えていると…

たしか昔、検証用に購入したWindowsVISTAのライセンス余っていたコトを思い出した。

 

これを利用しよう!!

あとはWindowsVISTAが動作するPCが必要分あるか??

 

会社で不要機器を見てたらCPUはPentium4(モデル末期)でメモリ2GのPCがあった。

とりあえずWindowsVISTAをインストールしてみたら、モッサリ感はあるものの使えない訳ではない。

しかもサポートは2017年まで。

あと3年はコレで凌ごう!!

 

正直、こんなコトに時間を食われるのが嫌だったので今日1日で移行作業を完了。

やれやれ…

明日からは通常の仕事に戻れそう。

 

しかしWindowsXPのサポート終了後は何が起こるのか??

不謹慎なので期待や楽しみは無いが、気にはなります。