WindowsVISTAの呪い!?

久しぶりに仕事の話。

この1週間の間で同じようなトラブルというか事例に遭遇したのだが…

 

まず1件名は既存のお客さん。

使っていたPCがWindowsVISTAだったのだが、うちの会社のサービスが使えないと連絡があった。

さっそく見てみるとブラウザ上にJavaScriptのエラー表示が。

ブラウザのバージョンを確認するとIE7って…古過ぎです冷や汗 (顔)

IE9では動作確認とれているのでバージョンアップを試みるがNG。

調べてみると現在適用されているサービスパックは1。

IE9のインストールにはサービスパック2が必須らしい。

 

この時点で長期戦になるコトが確実だったのでPCを現場から預かり会社で作業を行う。

どうもWindowsUpdateも放置された状態だったのでサービスパック2の適用後にWindowsUpdateも行いセキュリティパッチは最新の状態になった。

ついでにアクロバットリーダーやらなにやらアップデートが放置されている状態で信用できるソフトに関しては最新に更新。

 

これでようやくIE9のインストールが可能になった。

問題無くインストールされてブラウザからサービスを確認するとJavascriptのエラーも消えてちゃんと動いてる。

 

今回は預かりだったので時間に余裕があって何も問題無かったのだが…

 

数日後の2件目は新規のお客さん。

なにやら知り合いのブログを見たのだが写真がいっぱい掲載されているのに2枚しか見えない。

記載されている文も欠落しているらしく、他のPCでは正常に表示されているのでなんとかして欲しいとの依頼だった。

表示が異常なPCを確認すると、またしてもWindowsVISTA。

しかも動作が遅いげっそり (顔)

現象は表示が欠落しているのは無く、改行されずに横方向に文字や写真が表示されていたのでスクロールしない状態では写真が2枚しか見えない様になってしまってる。

横スクロールするとちゃんと写真は表示されているのだが…

結局、ブラウザの問題かと思いIEのバージョンを見てみると、またしてもIE7double exclamation

じゃ、IE9にバージョンアップしようかと思いサービスパックを確認すると1だった。

 

またかバッド (下向き矢印)

 

しかも、今回は預かりは出来ない。

この遅いPCにサービスパック2を適用させていたのでは時間が掛かって仕方がないのでブラウザを変更するコトに。

今後、使い方で問い合わせがあっても対応できる様に普段から慣れているFireFoxをインストール。

で、FireFoxから問題のあったブログを確認すると、ちゃんと表示された。

とりあえず、その後の問い合わせも無いしOKでしょう。

 

さらに数日後の3件目も新規のお客さん。

インターネットの設定をお願いされたので、お客さん宅へ訪問。

なにやら自分でCD-ROMを入れてインストールしようと試みたらしいが先に進めなくて依頼してきたらしい。

とりあえずはどんな現象なのか確認するのにCDを入れてみた。

普段ならインストーラーから設定をするコトは無いのだが、今回は依頼自身がうまく状況を伝えられないみたいなので自分の目で見て判断するしかない。

で、結局はインストーラーがブラウザを呼び出しているのだが、ブラウザのバージョンが推奨されていないので異常終了してた。

 

じゃ、ブラウザのバージョンを上げるかと思ったが、なにやら嫌な予感が…

OSはまたしてもWindowsVISTA。

IEのバージョンは7ってことは??

サービスパックを確認すると悲しいコトにまたしても1。

 

世の中の方々ってサービスパック適用しないのか??

WindowsUpdateでダウンロードまではされているし、毎回起動後にアップデートがある表示はされている。

 

結局、無視してしまっているんだよねぇたらーっ (汗)

 

今回も預かりNGの上に費用はかけたくないとの事だったのでこのまま放置するコトに。

 

やれやれって感じなのだが、こんなコトが3回も連続で続くか??

そもそもWindowsVISTAって台数が絶対的に少ないのか、今まで依頼されるコトはほとんど無かったのだが。

なにやら呪い的なモノを感じてしまうのが気のせい??冷や汗 (顔)

 

しかし、自分の本業はあくまでソフトウエアのSE。

こんなPCの障害対応してたのでは時間がもったいなのだけど…

他の社員は誰も出来ない(やろうとしない)ってコトが重大に問題アリだな。