PL法の悪用

今日のニュースで…

「欠陥自転車で転倒、後遺症」認定で賠償命令

 

確かに後遺症については気の毒に思う。

が…そこまでの過程については同情の余地は全く無い。

 

そもそも自転車も機械である以上、メンテナンスが必要。

車の場合は車検があるから定期的に行える。

自転車は車検が無いからといって何もしなくて良い訳が無い。

 

現に裁判員は「被害者がメンテナンスしていない事も考慮して…」と言っている。

普通は自転車を購入する場合、メンテナンス等のアフターフォローも考えてネットや通販ではなくちゃんとした自転車屋さんで買う事が最良だと思っている。

自分も自宅からは50Km離れた自転車屋を利用しているので車でも1時間かかってしまう。

近所にも自転車屋はあるが、それでも今の自転車屋に行く理由が単純。

 

ちゃんと整備してもらえるから。

信用できるから。

 

もちろん、近所の自転車屋でもちゃんと整備はしてくれるのだろうけど

やっぱり昔からお世話になっている店なので気心が知れていて話しをしていても楽しい。

話の中には自分の知らない情報や自己メンテナンスのアドバイス等の

実際に目には見えない価値感が含まれていると思っている。

 

ただ、通販やネットの方が安いからとか

メンテナンスは費用がかかるからとか

ただただ安価なコトだけと考えるなら迷惑なので自転車には乗らないで欲しい。

公道を車や歩行者と一緒に走るのだから自転車に乗るなら責任を持って欲しい。

整備不良で歩行者に危害を加えたらどう責任を負えるのか?

 

被害者が記者会見で今回の事を自転車業界の方々に真摯に受け止めて欲しいと言っているが勘違いしないで欲しい。

あなたはPL法を悪用したただのクレーマーです。

現に同一の部品が10万点も出荷されているので被害者が注意を呼びかけているが…事故を起こしたのはあなただけ。

 

絶対に自転車からの悲鳴は上がっていたと思う。

それを聞き流したあなたが一番の罪。

 

この裁判は世の中にはびこるゴネ得ですね。

はっきりいって吐き気がする気分の悪いニュースでした。