2年が経ちました

3月11日。

忘れる事のできない日となった今日。

14時46分。

仕事を中断し、屋外で出て東北の方に向かい黙祷。

 

結局、何も出来ない自分を歯がゆく思うまま過ぎていく2年。

ただ、Yahooの特集でサンドウイッチマンが言ってた。

「黙祷するだけでもいい、風化しない事につながれば」

「観光でもいいから被災地を見に来てほしい」

 

復興にはまだまだ時間がかかるけど、その間に震災の記憶が薄らいでいくのが

地元の方のみならず日本人として怖い。

 

自分もテレビから流れる映像では見てはいるが実際に目視している訳ではない。

今年の夏あたり自転車で東北方面をじっくり回ってみたい。

多分、今まで知らなかった事が見えるのだと思う。

 

黙祷の後、周りを見渡すと今日は晴天なので立山連峰が凄く綺麗に見える。

 

帰宅時に海を見ると夕日が沈んでいく。

もう40年も、こんな景色を見ているけど、全然飽きない。

何度見ても綺麗だなって思う。

 

自然というのは、やっぱり雄大で自分はたまたま偶然に生かされているんだなと

感じられる1日でした。