見えているのかな?

こういったネタはあまり好きではないのだけど

連続して身に降りかかると書いてみたくなる。

 

「見えてるのかな?」って言うのは自分(当事者)の周りのコト。

 

先日、行った演奏会での出来事。

既に開演後に親子(子供は成人)が入って自分の後ろの席に座ったんだけど

演奏中も場を気にせずに喋っているものだから煩くてしょうがない。

そのうち、何故か席を自分の前方に移動したんだけど…

はっきり言って演奏には全く興味が無いから飽きてしまってるみたいで

自分の視界の中で落ち着き無く動き回るものだからうっとうしくてしょうがないたらーっ (汗)

親も親で全く注意しないし…演奏終わっても拍手もしない。

 

「親も親なら子も子」ってコトか。

 

結局、周辺のお客さんは耐えられなくなって席を移動し

その親子周辺には誰も居なくなってた。

 

この親子、いったい何を見に来たんだろうか??

 

もうひとつ…

 

先日のグランフォンド富山でゴール後のジェラートが食べられなかったコト。

本来は笑い話で済むコトなんだけど…あえて書いてみよう。

 

ま、大体の原因は想像ついていたんだけど

他の人のブログ読んでると平気で2、3個食べたとかって書いてある。

 

あなたが食べたのは他の参加者の分ってコトわからないのかな??

 

参加者が支払うエントリー料でエイド毎の補給や大会の運営が

成り立っている訳で、その内訳の中に1人1個分のジェラートが

含まれているハズ。

嫌味な言い方かもしれないけど、あれほど高価な自転車に乗れる

くらいの社会的地位にある人間なら大会を運営するのに必要とする

概算予算の内訳くらい直ぐにはじき出せと思う。

 

もっと嫌味な言い方をすると、小学校の給食と同じ。

1人1個です。

ってコトが大人になると解からなくなるのね。

 

ゴール後に並んでて食べれなかった人の多さのコトを

「見えているのかな?」

と思った次第です。

 

と、偉そうなコトを書いても自分自身、他の人間から見て同様なコトを言われる

行動や言動が当然あると思う。

それでも常に客観的に自分を見られる様に心がけて他の方からの忠告は謙虚に

聞き入れられる様な人間になりたいですね。

 

他人への心使い。

それが日本人の美徳なのかなって最近思います。