花火と夏祭り

本当なら今頃、花火を見ている観客をよそに、この後に始まる祭り本番の準備に忙しい。

なんて、コトを何十年もやってきた。

 

今年は色々と理由があって全く地元の祭りには無関係になっている。

あ、正確には自分は引っ越しているので元地元なのだが冷や汗 (顔)

 

自分から無関係になったのだが…

 

祭りに参加していないコトについて初めてわかった寂しさというか…

毎年、当たり前の様に自分達が中心になって行っていた華やかな行事が他人事になっている。

 

地元から5km程離れた場所に住んでいるので花火の音だけがよく響いている。

 

自分が選んだとはいえ、今年の不参加は本当に良かったのだろうか…

 

結局、自分って人間は、当たり前の様にある日常が重荷に感じて逃げても

いざ、それが無いとなると寂しく思うなんて、我がままだよね。

 

今後、どんなコトがあっても、しょうがないよ。

自分で選んだのだから。