自己愛性人格障害のトラウマが

会社に巣食っていた自己愛性人格障害の社員を実質解雇しやく2ヶ月。

「余計な負荷」なんて軽く表現出来ない物体を廃棄したのだが、なにやら心の奥でモヤモヤした感じが残っていた。

 

ま、そのうち時間が経てば自分の心も癒えていくのかと思っていたのだが…

 

最近、めずらしくドラマを見ている。

NHKの朝ドラ「まれ」

先週から横浜編というコトで新たな展開になった。

が…

希(まれ)が修行先に決めたお菓子屋さんのオーナーが完全に自己愛性人格障害の役。

何やら、気に入らないコトがあれば店を辞めるだの、機嫌が直ると店を再開するだの。

実にお子様的な役柄。

しかも、かなりの人気店みたいだし。

 

別にドラマなので問題ないのだが…

今の自分にはトラウマ感があって痛すぎる。

 

発達障害なのか人格障害なのか微妙なのだが、申し訳ないけど、現実の世界ではこういった勘違い人間は落ちるトコロまで落ちて欲しい。

自業自得なのだが、誰も助けてくれない。お金も稼げない、御飯も食べれない。

その中で自分の過去の行いを反省しろって思うのだが…

 

病気なので反省は出来ないんだけど。

 

ドラマの話に戻ると、録画はされているが見る勇気が出ない。

見ると気分が悪い。吐き気がする。

 

結局、自己愛性人格障害は仕事を辞めた後でも自分に迷惑な存在らしい。

最低だ…