奇妙なコトになってきた

もう自己愛性人格障害の相手はしていられないと言うコトで、会社には今朝その旨を伝えた。

ま、障害の対象となる社長も去年の8月以降、病気療養中なので出社していないので社長代行の立場の方に言った訳だが…

 

要するに、障害者である社長と社員を処分せずに来年度を迎えるなら自分はこれ以上、会社には居られない。

つまり「退職します」と。

 

帰ってきた答えは2通り。

ひとつめは「会社を解散する」

ふたつめは「自分が取締役になり会社を継続する」

 

そもそも、歪な現状が事態を難しくしている。

 

普通の会社なら自分が退職して問題無く解決。

 

なのだが、今の会社って先代の社長と自分が軌道に乗せたのは間違いない。

先代の社長は経営が軌道に乗った時点で自分の息子(現在の社長)を会社に入れた訳なのだが、この後に先代の社長は病で亡くなってしまった。

で、息子が会社を継いだ訳なのだが、自己愛性人格障害なので全く会社経営が出来ない。

自分が退職すれば実務は全く動かなくなるのは間違いない。

 

そんなコトにならない様に新たに社員を採用したのだが…

これが、またまた自己愛性人格障害で全く使い物にならないどころか周りに迷惑を振りまくだけの人間だったって訳。

(ほぼコネで入社みたいなモノなのだが)

 

今日、社長代行の方と話をしてて言われたのが

「この会社はあなた次第です」

って…

 

いちサラリーマンの自分がなんでそんな責任を背負わなくてはいけないの??

少ないながらも普通の社員はいるんだけど…

 

現実的には言っているコトは理解できるのだが、今まで経営に関して何の権限も無いサラリーマンにそんなコト言われても卑怯だよなってしか思えない。

 

が、現実はほぼ後者の一択。

社長代行からは時間をかけても考えてみてって言われたのだが…

 

まず、美味しい話では無い。

極端な話、死刑執行の為に電気椅子に座る様な気持ち。

我侭に仕事から逃げに逃げた現在の社長の尻拭いはしたくない。

が、顧客を裏切れないのも事実。

 

本当に人生を左右する究極の選択に迫られている。

どうしようか…

どう考えても貧乏クジだよな。