初の胃カメラ

昨日の今日なのでドキドキする暇もなく人生初の胃カメラ。

とりあえず、前日の21時以降には飲食せず当日8時にコップ1杯の水を飲み病院へ。

予約してたから直ぐに実施するのかと思いきや、結構待ったなぁたらーっ (汗)

 

名前呼ばれて問診の後、別のベットだらけの部屋に行くと…

まずは看護士の方から説明。

 

どうやらこの病院は鼻から胃カメラを入れるらしく鼻に麻酔を注入された。

これが甘くて微妙に美味しい冷や汗 (顔)

ちなみに、鼻からは誰でもOKではないらしくカメラが通らない場合は口に変更されるみたい。

 

麻酔が効いた頃に先生がやってきて胃カメラのダミーが鼻を通るか実験。

自分は本当にギリギリOKだった。

しかし、先生が胃カメラの太さと鼻の太さを説明するんだけど、例えが「さぬきうどん」なんだよね。

どうしても頭の中では、ほっしゃんのあの芸が思い浮かんでしまうたらーっ (汗)

 

いつの間にか説明が終わり、いよいよ胃カメラ挿入double exclamation

おぉ先端がピカピカ光ってるぴかぴか (新しい)

やっぱり鼻からはギリギリOKだったので途中ダメかな?

と、思う場面があったけど、なんとか喉まで到着。

 

ここから食道に入るトコロが一番辛かったかもしれない。

思わず「オエー」って2回なってしまった。

ここを過ぎてしまえば不快ではあるけど峠は越した感じexclamation and question

 

モニタに写された自分の胃を見ながら説明を聞く。

胃だけかと思ったら十二指腸までカメラは進み説明してくれるんだけど…

産卵中のウミガメみたいに涙ながしながら聞いているからほとんど頭に入っていない。

思考の95%は「早くカメラ抜いてくれ~」で残り5%で説明聞く訳だからしょうがないよね。

 

結局、荒れて正常では無いにしろ一番心配していた胃がんの可能性は無いらしい。

とりあえず良かった。

 

で、病院出て直ぐにしたコトは…

車の中で用意していたおにぎり食べたわーい (嬉しい顔)

 

なんだろうか、胃カメラの画像見て思ったけど

普通に「食べる」ってコトがこんなにありがたいなんてウッシッシ (顔)

おにぎり美味し過ぎてちょっと泣けてくるし…ホントに。

 

これで健康診断結果が全て問題無くなった訳じゃないので残りも改善しなくては。