ツール・ド・東北2013 まずは前日

今回も前日に現地入りなんだけど出発は朝7:00でした。

 

ほとんど高速道路だし、都市部は通過しないでのルートはそんなに複雑ではないので迷子はないでしょう冷や汗 (顔)

ルートは北陸自動車道→磐越自動車道→東北自動車道→仙台南部道路→仙台東部道路→三陸自動車道で会場がある石巻専修大学まで。

 

途中、磐梯山サービスエリアで休憩したけど景色がdouble exclamation

明日の「ツール・ド・東北」当日までとっておきたいくらいの晴天晴れ

雲ひとつない秋空に磐梯山と紅葉した紅葉。

めちゃ綺麗ですうれしい顔

 

約7時間の快適ドライブを楽しみながら石巻専修大学に到着。

実際は約1Km程離れた場所に駐車場があるので歩いて受付へ。

周りには参加者の方々が大勢歩いているしスタッフの案内もしっかりしているので今回は迷うコトなく受付まで冷や汗 (顔)

 

受付も終わったが、ホテルのチェックインまで時間が結構あるので会場を散策。

 

募金箱があったので少ないですけどチャリンと…(小銭か?)

写真が逆行で申し訳ないです。

今回のツール・ド・東北で色んな方々に写真を撮らせて頂きましたけど「Blogに乗せてもいいですか?」といったお願いに誰一人嫌な顔せずに快く応じて頂けました。

ありがとうございますわーい (嬉しい顔)

 

会場となる石巻専修大学ですが立派な校舎ですね。

 

そろそろ日も傾いてきたのでホテルに向かおうと駐車場まで歩いていると仮設住宅が。

 

東日本大震災後に初めて被災地に入って初めて自分の目で見る現状。

翌日には色々な場所で仮設住宅を見るコトになるのですが、震災で住まいを失われた方々は既に約2年は、ここでずっと生活をされているのです。

 

今回、ツール・ド・東北に参加する本当の理由は…

テレビや新聞等のメディアでしか知らない本当の被災地の情況。

あれから2年以上は経ったが、いったいどうなっているのか実際に自分の目で見たい。

その上で自分が同じ日本人としてこの先、何が出来るのかを考えたい。

 

そんな思いで参加を決めました。

 

ホテルは石巻から離れて東松島市にとったのだけど途中、航空自衛隊の松島基地が見えた。

ここも震災時に津波の被害に遭い、F-2戦闘機などの航空機が流され使用不能になった場所。

 

その基地のすぐ近くに今日泊まるホテルがあるハズなのだが…

ナビを使っても場所がよくわかんない冷や汗2 (顔)

さんざん迷った、がなんとかチェックイン完了。

 

毎度のコトながらチェックイン後は何もするコトは無いので…冷や汗 (顔)

 

ゼッケン装着。

 

あとは明日の天気だけど、なんとか晴れるらしい晴れ

なら、さっさと寝るだけなんだけど…

 

日本シリーズが気になるdouble exclamation

それも何の縁か楽天の優勝がかかった、こんな場面で東北にいるなんて。

しかも今日はマー君が投げるしdouble exclamation

 

が、結果は残念ながらマー君の今期初黒星。

俺がテレビで応援したからなのか??げっそり (顔)

昔からあるんだよねぇ…

自分は見ると負けるジンクスが。

 

このまま、モヤモヤした気分で寝ます眠い (睡眠)

 

続きはまた後日わーい (嬉しい顔)