ちょっとした偶然のハナシ

では…済まない話。

今日、オウム事件関連の指名手配者が全て捕まった。

午前中からネットやTVのニュースでずっと放送してるんだけど事件当時、ほんの少し何かが違っていたら自分が被害者になっていたかもしれないと今でも思う。

 

当時、千葉のアパートから東西線で大手町駅まで出て千代田線に乗り換えて赤坂駅まで通勤してたんだけど、霞ヶ関止まりの電車に乗ることが多くあった。

で、霞ヶ関駅で下車して次の電車を待って2駅先の赤坂駅まで行ってたんだけど…

 

当時勤めていた会社を辞めた後、数ヶ月後にこの事件が発生している。

 

もちろん、生きていく上で過去に対しての「IF(もし)」は考えてもどうしようもないので考えない様にしているんだけど、この事件に関しては「もし、会社を辞めていないで普段どおり通勤していたら」自分は生きていたんだろうか…??と考えずにはいられない。

 

人の生き死にが偶然って言葉で片付けれる程軽いものではないのだけど、自分が今、生きているのはやっぱり偶然なのかもしれない。

もし、あの時に普段どおりに通勤していたら…

 

 

今、現在も事件の後遺症に苦しんでおられる方々、そして亡くなられた方々。

心よりご冥福とお見舞い申し上げます。

そして、この様な事件が二度と繰り返されない事を切に願っております。